Instinct the RAW brand

子犬の季節性アレルギーへの5つの対処方法

春になると目がかゆくなったり、鼻水が出たりして、自分自身も大変ですが、ペットがアレルギーで苦しむのを見るのは、まさに拷問のようです。残念ながら、犬も私たちと同じように環境アレルギーの影響を受けやすいのですが、その症状はしばしば誤診されたり無視されたりします。実際、犬の27%が環境アレルギーの影響を受けていると言われています。
もし、あなたの子犬がいつもより多く掻いたり、脂っぽい皮膚やカサカサした皮膚になっていたり、足を噛んだりしているなら、季節性アレルギーの可能性があります*。

*アレルギーは、よく皮膚の感染症を伴います。そして、アレルギーへの対処または感染症への処置のどちらか一方だけの治療法では、助けにならないことがしばしばです。獣医さんは、あなたの愛犬の皮膚がアレルギー、感染症、あるいはその他の症状によって現状を判断し、適切な治療法を決定する助けになってくれます。

生食(ローフード)に切り替える

通常のドライフードを与えられている子犬は、生食(ローフード)を与えられている子犬に比べて、成犬になってから皮膚アレルギーを発症する確率が約2倍であることがわかりました。この結果は、生のペットフードが犬の健康に与える影響を研究している、ヘルシンキ大学のDogRisk独立研究プログラムから得られました。このプログラムでは、犬に生のペットフードを与えることで、刺激的で不快な皮膚アレルギーを防ぐことができることを発見しました。

“ローフードには有益なバクテリアとその他の環境要因が含まれており、発達中の免疫系が成犬になっても正しく機能するよう「教育」してくれるのです。”
– スーザン・G・ウィン、DVM、DACVIM(栄養学)、ボード認定獣医栄養士 –

生食(ローフード)は、より幅広い抗炎症機能性化合物を含み、加熱による変性や化学変化から生じる、炎症の原因となる毒素を全く含まないため、成長期の犬のアレルギーにも効果があります。

お風呂の回数を増やす

頻繁に入浴させることは、被毛に付着したアレルゲンを除去し、皮膚を落ち着かせるのに役立ちます。アレルギー体質の犬は、マイルドなシャンプーを使って週に2回、あるいは毎日リンスで入浴するとよいでしょう。ただし、ペット用のシャンプーを使用するようにしてください。

抗ヒスタミン剤を考慮する

ペットのアレルギー症状を緩和するために、毎日の食事に抗ヒスタミン剤を取り入れるべきかどうか、獣医さんに尋ねてみてください。獣医さんの許可があれば、この簡単なステップで子犬のかゆみを和らげることができます。

外出を制限する

これは、あなたの愛犬が最も嫌いな解決策になるでしょう。花粉症の疑いがある場合は、花粉の多い日は子犬を家の中に入れておくと、症状を抑えることができるかもしれません。

皮膚感染症の見分け方を学ぶ 

皮膚感染症もかゆみを伴いますが、アレルギーの治療法はどれも感染症には効果がありませんし、感染症はアレルギーの再発後に起こることが多いです。もし、あなたのペットが何度も問題を起こすようであれば、獣医さんへの受診が必要です。感染症を早期に発見する方法を教えてくれますし、抗菌シャンプーの使用について相談することもできます。抗菌シャンプーを用意できれば、感染の最初の兆候が現れた時から使用することができます。
もちろん、インスティンクトでは、シャンプーや抗ヒスタミン剤は販売しておりません。皮膚アレルギーと生のペットフードとの関連についてもっと知りたい方は、こちらの研究結果をご覧ください。